プリザンターに大量のCSVデータをインポートする手順のまとめ

インポート機能を使うことでエクセルや他システムで管理していたデータをプリザンターに取り込むことができます。
便利なインポート機能の使い方と、うまくいかない場合やエラーの対処法については以下のユーザーマニュアルをご参照ください。

インポート機能の基本的な使い方について
ユーザーマニュアル:エクセル等のCSVデータをプリザンターにインポートする①

マスタデータなど、リンク機能を使用したテーブルにデータをインポートする方法について
ユーザーマニュアル:エクセル等のCSVデータをプリザンターにインポートする②

既存のデータをインポート機能で更新する方法について
CSVをインポートして既存レコードを更新する

インポート処理がうまく行かない(エラーが出る場合や、データが正しくインポートされない)場合の対処方法について
インポートがうまくいかない場合(エラー発生時)の確認事項


無料ダウンロード
OSS版プリザンターをダウンロード。 自分で動作環境を構築して使ってみる。
無料で使ってみる
環境を構築せずにクラウド版を使ってみる。 3名まで無料で今すぐ使えます。
デモ環境を見る
まずはデモ環境でプリザンターの機能をすぐに確認。 60日間ほぼ全機能を試せます。
■ユーザーマニュアル ■プリザンターFAQ ■アプリ作成ガイドなどの各種資料
■26個以上の項目が使いたい! GPLの影響を受けずに使いたい!