エバンジェリスト長沢智治氏が、インプリムの顧問に就任 ~世界初のオープンソースWebデータベースで企業のマネジメント快適化をさらに加速~

Pocket

株式会社インプリム(本社:東京都中野区 代表取締役:内田太志)は、エバンジェリストの長沢智治氏が顧問に就任したことをお知らせします。

当社は「マネジメント快適化」というコンセプトを掲げ、現場の生産性向上を目的としたITサービスを提供しております。マネジメント快適化とは「マネジメントに時間をかけない」、「マネジメントに全員で取り組む」という2本柱から成り立ちます。そのコンセプトから生まれた国産オープンソースのWebデータベース『プリザンター』は、中間管理層の負荷を大幅に軽減し、日本企業のマネジメント業務における様々な課題を解決できると自負しております。

当社は創業から約一年半でナレッジスイート社との資本業務提携を開始し、この半年間で15社とパートナー契約を締結するなど、ビジネスアプリケーションプラットフォーム市場におけるポジションを確立しつつあります。そのような状況の中で、事業立ち上げやソフトウェア開発プロセスに関する豊富な知識と経験を持つ長沢氏の就任は、スタートアップ企業である当社の成長をさらに加速させると確信しております。今後当社は、長沢氏の知見を最大限に活かしながら、さらなるサービス品質向上や事業拡大に取り組むと共に、当社の熱い思いを長沢氏と共有し、日本中、そして世界中のより多くの方々へその思いを伝えていく活動を行なってまいります。

長沢智治氏 プロフィール

ソフトウェアエンジニアリング、チームワークの専門家。ソフトウェア開発のライフサイクル全般を経験した後、日本ラショナルソフトウェア、日本IBMにて開発プロセス改善のコンサルティングに従事。2007年より日本マイクロソフトでテクニカルエバンジェリストとして、アジャイルやDevOpsを中心とした独自のエバンジェリズム活動を実施。2014年よりアトラシアンのシニアエバンジェリストに就任し、継続して開発現場やチームで活動する現場への働きかけや現場訪問を実施している。現在はフリーランスとして活動し、各社にて事業立ち上げや市場創造などのアドバイザーを行なっている。最近のマイブームはレッドビーシュリンプの飼育。

長沢智治氏 実績・業界貢献

DevOps Days Tokyo 2017, Regional Scrum Gathering Tokyo 2017, JaSST’16 Niigata, Developers Summit 2013 Summer などでの基調講演を担当。Developers Summit (通称 デブサミ) ベストスピーカー特別賞 (2012年) をはじめ、Developers Summit 7年連続スピーカー、冬、夏、関西合わせて 10回以上の講演実績を持つ。2016年より、オンライン学習大手のスクー (Schoo) で講師を担当。2018年より、企業のアドバイザーとなるエキスパートリサーチのミーミルのエキスパートに指名され、企業のアドバイザーも実践。また、書籍の執筆、監訳も多数手がけている。

<会社概要>
株式会社インプリム Implem Inc.
代表取締役 内田 太志
〒165-0026 東京都中野区新井2-3-10 平井ビル202号室
設立 2017年3月1日
事業内容
・コンピュータソフトウェア及びハードウェアのコンサルティング、企画、研究、開発、販売、保守
・インターネットサービスの企画・開発及び運営
・業務効率化及び業務改善に関するコンサルティング

お知らせ, ニュースリリース, 重要なお知らせカテゴリーの記事