”カンバン方式”で営業活動を見る化するオープンソース・ソフトウェア

Pocket

オープンソースのWebデータベース「プリザンター」のカンバン機能を活用した営業活動の見える化についてご紹介します。

商談の状況をリアルタイムに把握するのは難しい

営業活動の効率を高めるには組織的な情報共有が不可欠です。しかし、お客様とのやり取りや商談のステータスなど、営業活動における情報は多岐にわたります。これらの情報はバラバラに管理されていることが多く、データを集めるのに非常に手間がかかります。

こうした問題はSFAなどの営業支援ツールを活用する事で解決できます。プリザンターもSFAと同様に情報の集約化に役立ちます。また、今回紹介するカンバン機能を活用すれば、営業活動の見える化に役立つ可能性があります。

直感的で解りやすい”カンバン方式”で商談を見える化

作業の工程を見える化するための仕組みにカンバン方式と言うものがあります。トヨタの生産管理システムを発祥としており、近年では、ソフトウェア開発の現場でも取り入れられています。

プリザンターにもカンバン方式でタスクなどを管理する機能があります。このカンバン機能は、営業活動にも応用できます。商談をステージ毎に分類することで、どの商談がどんな状況にあるのか一目で把握することが可能です。

担当者ごとに商談を見える化

プリザンターのカンバン機能を利用した場合、商談のステージだけでなく商品別、受注確度別、担当者別といった様々な切り口でカンバンを分類表示することができます。例えば、縦軸に商談のステージ、横軸に営業担当者を選択し、マトリクスで表示した場合、以下のような画面になります。

上記のように、商談金額は同じでも商談件数を多くかかえている担当者を把握するのも簡単です。うまく見える化できれば、作業負荷の平準化などにも役立ちます。

担当者商談件数売上単価売上合計
Aさん5件100万円500万円
Bさん1件500万円500万円

ドラッグアンドドロップでシミュレーション

カンバン機能で表示されている商談レコードは、ドラッグ・アンド・ドロップで商談ステージや担当者を変更することができます。マウス操作でカンタンに操作できるため、もし、この商談が受注したら?といったシミュレーションを短時間で行うことが可能です。

この機能を利用することで、商品別、受注確度別、担当者別といった様々な分析やシミュレーションが行えます。

会議が変わる!リアルタイム分析

カンバン機能は動作が高速なため、会議の場でも役立ちます。様々な切り口で分析したデータに素早くアクセスできるため、会議をスムーズに進める事ができます。画面を見ながら会議を行うのが当たり前になれば、事前の資料作成や印刷といった作業も不要になります。ペーパーレスで行うスマートな会議に向けプリザンターの活用を検討してみてください。

インストール方法

プリザンターの使い方マニュアルはこちら

デモサイト

実際に操作を体験できるサイトはこちら

お問い合わせ

プリザンターに関するご質問を受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。

プリザンター, ブログカテゴリーの記事