エクセルは卒業!オープンソースではじめる顧客管理データベース

Pocket

顧客管理、エクセルではもう限界…

顧客管理はビジネス活動にかかせません。顧客の連絡先やお問い合わせ、購入履歴などの情報をチームで共有することで、営業やマーケティング、商品企画といった業務に繋げることができます。その大切な顧客管理をエクセルで行われているチームも多いのでは無いでしょうか。表計算ツールのエクセルをチームの情報共有ツールとして利用した結果、以下のような問題が起きてしまいます。

  1. ファイルを編集したいのに他の人がファイルを開いているため行えない。
  2. ファイル名に最新版と名前をつけているが最新版v2などが登場し、どれが最新か分からなくなる。
  3. ファイルの中身がいつのまにか更新されていて、誰がいつ更新したのか分からなくなる。
  4. 情報の種類ごとにファイルが複数存在し、どの情報が紐付いているか分からなくなる。
  5. ファイルがバラバラなため、調べたい情報が見つからない。

脱エクセル!国産オープンソースのWebデータベース

プリザンターは、エクセルや電子メール、ファイルサーバで行われている業務をWeb化するための情報共有ツールです。動作が軽く、汎用性が高いため、日常的なコミュニケーションやマネジメントの支援ツールとして利用できます。エクセルなどの汎用ツールではやりにくかった、多人数による頻繁な更新、バージョン管理、横断的なキーワード検索、自動的な更新通知といった機能を備えています。

1.他の人がファイルを閉じるまで待つ必要はありません

プリザンターは同時に複数の人が接続して、情報の更新作業を行なうことができます。エクセルのような待ち時間は不要なため、ストレス無く作業が行なえます。

2.最新版と履歴を自動で管理できます

プリザンターは、情報更新時に自動で履歴が作成されるため、意識すること無く版数管理を行なうことができます。また、エクセルで版数管理を行う場合は、どうしてもファイル単位の保存でしたが、プリザンターはレコード1件ずつに履歴を残すことができます。いつ何が行われたのか経緯を振り返りたい場合に、より細かく確認することができます。

また、履歴情報をもとに時系列チャートとして情報を見える化することもできます。これにより、エクセルでは大変だった売上推移などを分析することができます。

3.変更されたらチャットにお知らせ

情報を更新したタイミングで、SlackやChatWork、メールに自動通知を行なうことができます。チーム全体に即時共有されるため、情報の伝え忘れを防ぐことができます。また、指定した条件に応じた通知を行なうこともできます。

通知機能の設定方法

4.テーブル結合!関連する情報を紐づけできます

プリザンターは、テーブル同士を結合することができます。これにより、顧客情報に対して売上や問い合わせの情報を簡単に紐付けることができます。レコード画面の下にリンクされた情報が一覧として表示され、クリックすると紐付けられたレコードに移動します。

5.調べたい情報を一発で見つけられます

プリザンターは複数のテーブルで管理している情報を一括検索することができます。エクセルのように、ファイルを一つずつ開いて検索する必要はありません。

エクセルからのデータ移行も簡単

エクセルのデータをCSVファイルとして保存すれば、簡単にプリザンターにインポートすることができます。すべてGUI操作で行なうことができるため、複雑な作業は必要ありません。情報の保管場所を少し変えるだけで、業務に情報を活かすことができます。プリザンターを活用して情報管理の方法を変えてみませんか。

インストール方法

プリザンターの使い方マニュアルはこちら

デモサイト

実際に操作を体験できるサイトはこちら

お問い合わせ

プリザンターに関するご質問を受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。

プリザンター, ブログカテゴリーの記事